サイト閉鎖のお知らせ

当サイトは、令和6年3月31日をもちまして閉鎖いたします。約7年間当サイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。なお、当サイトの情報の一部は、令和6年4月中旬以降に「静岡市公式ホームページ」でご覧いただけます。

令和6年2月 静岡市 建設局土木部技術政策課長


SSL認証における警告メッセージが出た場合、下記の手順によりご覧ください。

Chromeの場合

「詳細設定」
「ninaite.jpにアクセスする(安全ではありません)」
をクリック

Safariの場合

「詳細を表示」
「このWebサイトを閲覧」
をクリック

Edgeの場合

「詳細情報」
「Webページに移動(非推奨)」
をクリック

Firefoxの場合

「例外に追加」
「セキュリティ例外を承認」
をクリック

静岡市建設業担い手確保・育成事業ホームページ「きて!みて!さわって!建設NOW」

女性の活躍

ホーム > 女性の活躍 > 先輩女性からのメッセージ

今、建設現場では女性の皆さんが活躍しています。
実際に活躍している皆さんから、現場の様子・やりがいなどを紹介します。

この仕事に就いたきっかけは?

修学旅行で二条城に行った時、お庭を前にして、こんなお庭を造られたらカッコいいなと思ったのがきっかけです。
その後、庭の勉強するなら!と思い農業高校に進学しました。
友だちは、庭師になるの?農業やるの?と冷ややかな反応だったのを覚えています。
IT関係が最先端の感じを受けましたが、ITも庭師も手に職をつけるという意味では同じ事だし、カッコいいし、女性が少ない中だからこの仕事はチャンスなんじゃないか?と思いました。

最初はカミナリ親父のような怖いオジサンたちがたくさんいると思ったのですが、話してみると とても気さくで柔らかい方ばかりなので話しやすかったです。
皆さんはとても気を遣ってくれるのでスゴく助かっています。
例えば、公園の仕事はトイレの心配はないのですが、山の仕事は(トイレに行かないように)水を飲まないようにしていたことがありました。この時に、足が攣ったり、脱水症状になって周りに迷惑をかけたのですが、「水分をとるよう」にアドバイスいただいてからは、しっかり水分を取るようになりトイレのことは気にならなくなり働きやすくなりました。

後輩の皆さんへアドバイスをお願いします。

男性は男性のセンス、女性は女性のセンスがあると思いますが 一緒に働いている先輩から「自分たちと見ている所と違う」と言ってくれる部分があるので 一人一人のセンスを活かせる仕事だと思います。
業界が高齢化しているので、若い方に加わって一緒に働けたら業界が活性化すると思います。
先のトイレの話もそうですが、恥ずかしくて言えないようなことも自分から主張することで働きやすい職場になっていくと思います。

(取材日:2020年10月)

前のページへ   次のページへ